松坂大輔

松坂大輔


松坂大輔
2008年現在ボストン・レッドソックス所属。背番号18
1980年9月13日生まれ


1980年に甲子園で大活躍した人気者、早稲田実業の荒木大輔からとって「大輔」と名付けられたらしいです。荒木大輔さんにも決して劣らない人気者ですね。

妻は元日本テレビアナウンサー柴田倫世さん。2005年12月に誕生した長女と、2008年3月に誕生した長男がいる。


子供時代は、東京都江戸川区のリトルリーグに入っていたようです。横浜高校時代は150キロオーバーの速球をはじめ、切れの良いスライダーなども持ち、平成の怪物として注目を浴びる。甲子園での対PL学園戦、延長17回・250球完投勝利はもはや伝説!決勝ではノーヒットノーラン達成。


その後、西武へ入団。

プロ初先発は8回2失点で初勝利。155キロのストレートも出た。その後、ロッテの黒木と投げ合って、2対0で敗れ、試合後に「リベンジします!」と宣言。6日後に再度黒木と投げ合って、1対0で完封して、本当にリベンジしてしまった。この「リベンジ」という言葉は、その年の流行語大賞にも選ばれました。

その他の松坂の名言としては、イチローを3打席連続三振に抑えた後に言った、「自信から確信に変わった」などがありますね。とても印象的な言葉でした。


2007年からはボストン・レッドソックスへ。メジャーでも大活躍中!

CmsAgentTemplate0015/0016 ver2.001